ホテルの予約変更にもキャンセル料がかかることも。解決策とは?

公開

「ホテルの予約は、変更するだけでもキャンセル料がかかるの?」

ホテルの予約について、日程変更だけならば、予約を取り消すわけではないのでキャンセル料はかからない、と思っていませんか?残念ながら必ずしもそうではないのです。

「ホテルの予約変更でもキャンセル料がかかるのか…何か解決策はないの?」

安心してください!解決策はあります!

予約変更でもキャンセル料が発生するケースと、キャンセル料がかかってしまう際の解決策「Cansell(キャンセル)」をご紹介していきます。

ホテルの予約変更でキャンセル料が発生するケース

キャンセル料とは、予約を取り消した場合にとられる料金のことです。ホテルや旅館などの宿泊施設や宿泊プランごとに、キャンセル料に関する規定が定められています。

予約の変更も一度予約した宿泊プランを取り消すという点でキャンセル料発生の対象となる場合があるのです。

ホテルに直接予約した場合=ホテルの宿泊約款に従う

ホテルの公式サイトからオンライン予約をした場合やホテルに直接電話をして予約した場合は、その宿泊施設の「宿泊約款」または「宿泊規定」に記載されているルールに従ってキャンセル料が発生することがあります。

「宿泊約款」や「宿泊規定」は公式サイト内で確認することができるのでチェックしてみてください。

予約サイトで予約した場合=予約サイトの宿泊約款に従う

ホテル予約サイトを介したオンライン予約の場合は、それぞれのサイトやプランごとに変更やキャンセル規定が異なります。キャンセル料に関しても、それぞれに設けている規定にしたがってキャンセル料が発生します。

キャンセル料の規定については、「ホテル予約サイトのキャンセル方法とキャンセルポリシーまとめ!」でまとめているのでチェックしてみてくださいね。

ホテル予約サイトのキャンセル方法とキャンセルポリシーまとめ!

ホテル予約サイトの予約変更の規定まとめ

では、ホテル予約サイトでは予約変更のキャンセル料に関してどのような規定を設けているのでしょうか?

楽天トラベル

楽天トラベルでは、宿泊日を減らす場合を除き、どのような変更も既存の予約をいったんキャンセルした上であらたに予約を取り直す必要があるため、予約変更においてもキャンセル料が発生する可能性があります

キャンセル料は、それぞれの宿泊施設のキャンセルポリシーに従って請求されます。(詳しくは公式ページ「【国内宿泊】宿泊予約の変更(日程変更・人数変更・宿泊者名変更など)はできますか?」を参照)

じゃらんnet

宿泊のみの予約を変更する場合、内容によっては既存の予約をいったんキャンセルして、希望する内容であらたに予約を取り直す必要があります。したがって、変更の手続きを行う時期や変更内容によっては、キャンセル料が発生する場合があります

キャンセル料は、宿泊施設からその施設で設定しているキャンセルポリシーに従って請求されます。このキャンセルポリシーは、予約確認メールまたはマイページの予約照会画面にて確認ができます。(詳しくは公式ページ「宿・ホテル予約の変更について」を参照)

JALじゃらんパックやANAじゃらんパックの予約を変更する場合は、既存の予約をいったんキャンセルして、希望の内容であらたに予約を取り直すため、キャンセル時期によっては、キャンセルポリシーに従ってキャンセル料が発生することがあります。(詳しくは公式ページ「JALじゃらんパックの取消について(取消規定)」および「ANAじゃらんパックの取消について(取消規定)」を参照)

YAHOO!トラベル

YAHOO!トラベルでは、プランによっては予約を変更するのに既存の予約をいったんキャンセルしてあらたに予約を取り直さなくてはならない場合があります。その場合、変更の時期によっては、宿泊施設のキャンセルポリシーに従ってキャンセル料を支払わねばならない可能性があります

キャンセルポリシーは、予約前ならば、宿泊プラン詳細ページの「宿泊施設の取消料規定」欄で、予約後ならば「予約詳細ページ」で確認ができます。(詳しくは公式ページ「[国内宿泊]取り消し料金について」を参照)

なお、ヤフーパック(ANA・JAL便)の予約については変更はできず、既存の予約を取り消してあらたに予約し直す必要があります。その場合のキャンセル料については、「[ヤフーパック(JAL便・ANA便)]代金・取り消し料について」を参照してください。

るるぶ

るるぶの場合、るるぶトラベルツアー・宿泊予約いずれの場合も変更は一切できず、新たに予約を取り直し、既存の予約をキャンセルする必要があります。したがって、予約変更のタイミングによっては、宿泊施設やツアー主催者が設けているキャンセルポリシーに従って、予約変更にもキャンセル料が発生することがあります

キャンセル料は、キャンセルポリシーに従って宿泊施設から請求されます。(詳しくは公式ページ「るるぶトラベルツアーに関して予約の変更はできますか」および「予約内容の変更について知りたいのですが」を参照)

Hotels.com(ホテルズドットコム)

Hotels.comの場合、オンラインで変更する場合、次のように無料で変更できる予約と有料で変更できる予約との2種類があります

無料で変更できる内容:

  • 宿泊者名
  • ベッドのタイプ
  • 禁煙/喫煙のタイプ
  • 宿泊施設へのリクエスト
  • バリアフリーオプション

ホテルによっては手数料のかかる変更内容:

  • 部屋のタイプ
  • 宿泊者の数
  • 旅行の日程

オンラインで予約したプランを一度キャンセルして新しく予約を取り直す場合は、キャンセルポリシーに従ってキャンセル料が発生することがあります。キャンセルポリシーは、予約確認メールに記載されているので必ず確認をするようにしてくださいね。

予約変更の前に確認したいポイント

予約変更する前に確認しておくことがいくつかありますが、ここでは、その中でも注目したい2つの注意点について触れておきます。

宿泊予約の変更にキャンセル料が発生するのかをチェック

まずは、予約変更にもキャンセル料が発生してしまうのかをキャンセルポリシーで確認しましょう。多くの場合、このキャンセルポリシーの中に予約変更についての規定も含まれています。

ホテル予約サイトのキャンセル方法とキャンセルポリシーまとめ!

早割や直前割のような格安プランの中には、通常のキャンセルポリシーとは異なる規定が設けられている場合があります。日にちの変更ができなかったり、キャンセルができなかったりするプランもあるので、該当のキャンセルポリシーを確認しましょう。

予約変更にキャンセル料が発生しないのであれば、変更手続きを進めればOKですが、キャンセル料が発生してしまうケースでは次に挙げる点をチェックしましょう。

予約変更前にCansell(キャンセル)で出品できるかをチェック

弊社が運営する Cansell(キャンセル)は、キャンセル料が発生してしまうホテル予約をユーザー間で売買できるサービスです。Cansell(キャンセル)に出品できるホテル予約は、キャンセル料の発生するホテル予約だけ。一つ一つCansell(キャンセル)が出品内容を審査しているので、キャンセル料に困っている方はCansell(キャンセル)で出品できないかチェックしみてください。

出品の手続きは簡単。ホテル予約時の予約完了メールをCansell(キャンセル)に転送するだけ!売買成立後の予約名義の変更などの処理はすべてCansell(キャンセル)が行うので何の面倒もなく安心してご利用いただけます。ただし、キャンセル済みのホテル予約の出品はできないので、必ず “キャンセルをする前” に利用してくださいね!

もちろん、同じような理由でホテル予約も毎日たくさん出品されているので、Cansell(キャンセル)で新たなホテル予約も見つけられるかもしれませんよ。

Cansell(キャンセル)の仕組みや申請方法については、「予約を売る」ページをご覧ください。

キャンセル料を支払う前にホテルの予約を売ってみよう

まとめ

予約を変更したいだけなのにキャンセル料がかかるの?!と頭を悩ましている人も多いはず。今後の予約変更でのキャンセル料発生を防ぐためにも、この記事では、以下のポイントを紹介しました。

  • 予約の変更にもキャンセル料が発生する場合がある
  • 最初の予約時に必ずキャンセルポリシーで予約変更についても確認
  • それでもどうしても変更せざるを得ない場合は、Cansellで出品

Cansell(キャンセル)は、キャンセル料とは”バイバイ”して、その予約を買いたい人と”売買”できる、ホテル予約のマッチングサービスです。

予約変更のキャンセル料にお困りの方は、Cansell(キャンセル)をチェックしてみてくださいね!キャンセルしたい部屋が販売できるだけでなく、新たに取り直すのにぴったりなお得なホテルや宿泊プランが見つかるかもしれませんよ!

キャンセル料を支払う前にホテルの予約を売ってみよう

キャンセルしたい宿泊予約をCansellで売ってみよう

詳しくみる