ホテルの直前割はいつから?お得に直前予約する方法を解説します!

更新 公開

ホテルや旅館を予約するときにチェックしたいのが「割引き」の有無。

ホテルや予約サイトによっては当日予約や直前予約のお得なプランを設けていて、「直前割」として通常よりも安い金額で宿泊できることがあります。

この記事では、直前割を狙うのにベストなタイミングや、おすすめな方法をご紹介していきます!

ホテルの直前割はいつから?直前割を狙えるタイミング

宿泊日の直前になると、ホテル側は空室を少しでも減らして利益を上げるために「直前割」という割引を適用することがあります。急にキャンセルになってしまった空室も含め、通常よりも値段を下げてでも販売することがホテルや旅館側にとっても売上になるからです。

値下げのタイミングは、宿泊予定日からどれだけ離れているかによって変わります。ホテルの直前予約にははっきりとした定義はなく、直前予約の期間は宿泊施設側が決めます。一般的に、直前割が始まるのは宿泊日の10日ほど前からですが、場合によっては1ヶ月前などかなり長い期間を直前割の対象期間にしていることがあります。

宿泊日の前日〜1週間前

ホテル予約のキャンセルには、キャンセル料が発生することがあります。ホテルのキャンセル料の有無や金額は各ホテルのキャンセルポリシーによって異なりますが、だいたい宿泊日の前日〜1週間前から発生することが多いです。

このキャンセル料が発生する直前のタイミングでキャンセルする人が増えると想定されるため、あらかじめ空室対策としてこの期間に直前割引のプランを用意していることがあります。

ホテルのキャンセル料はいつから?仕組みと解決方法をご紹介

宿泊日前日の夜

宿泊日の前日もキャンセル料がかかるとはいえ、予定が変更になりやむなくキャンセルが発生することがあります。ホテル側もキャンセル料をとっているとはいえ、急な空室を埋めたいというニーズがあるため、前日の夜には直前割の在庫が増えることがあります。1週間前にはなかった空室が、前日夜には掲載されることも。もし予定が合うのであれば、予約するには絶好のタイミングと言えそうです。

宿泊当日の朝

宿泊当日の朝も、宿泊前日の夜と同様にキャンセルが発生したあとのタイミングであるため、直前予約しやすいタイミングであると言えます。体調不良などの不測の理由で、一定数の人がこのタイミングでキャンセルを行うことがあります。

ホテルによっては直前キャンセルはフロント預かりにして、電話予約やウォークイン向けにしているところもあります。宿泊当日であれば、ホテルに直接電話して空室の有無を確認するのも一つかもしれません。

オフシーズン

オフシーズンと呼ばれる、予約数が少なく、空室の多い時期である閑散期の方が直前割引が適応されやすいです。ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの大型連休は放っておいても予約が増える時期なので、わざわざ直前割を実施する必要がないとするホテルが多いです。

さらに、週末にあたる金・土曜日も宿泊する人が多くなるため、割引をしなくても予約が埋まりやすいです。そのため、直前割引が適用されるプランを狙うのであれば、オフシーズンかつ金・土曜日以外の日曜日から木曜日がおすすめです。

近くで音楽ライブやスポーツの試合などが開催れれているときは予約が殺到することが多いので、例外です。イベントの有無についても確認しておくと良いでしょう。

ホテルの直前予約101!直前予約におすすめのサイトとポイントを紹介!

直前予約ならCansell(キャンセル)

Cansell(キャンセル)とは、キャンセルしたいホテルの宿泊予約を売買できるサービスです。

ホテル予約の中にはキャンセル料が発生してしまうものもありますが、Cansell(キャンセル)ではそのような宿泊予約を売買できるため、売り手は支払うはずだったキャンセル料を削減でき、買い手は通常よりも安く宿泊プランを購入することができます。

直前割引や通常の方法でホテルなどの宿泊施設を予約することもできますが、宿泊したいプランに対して空室があるかを探すので直前だと時間や労力がかかります。その反面、Cansell(キャンセル)では、常に定価以下のプランのみが掲載されているので、もし自分に合う出品があればかなりお得に利用できます。

Cansell(キャンセル)の3つの特徴

1. 出品はすべて審査性
Cansell(キャンセル)に掲載されている宿泊プランは必ずスタッフが審査をしています。本当に予約されているのか、名義変更が行えるのかなど、事前に一つ一つ審査を行っているので、安心してご利用いただけます。

2. 高額転売は不可、常に定価以下
チケットと同じように高額転売が横行するのではないか?と疑問に感じるかもしれませんが、Cansell(キャンセル)はあくまでもキャンセル料に困った方を助けることを目的としているため、予約した値段よりも高い値段では出品できないように制限しています。そのため、Cansell(キャンセル)に掲載される宿泊プランは常に定価以下

3. 面倒な手続きはすべてCansellが対応
売買が成立後の名義変更手続きなどはすべてCansell(キャンセル)がお客様に代わり手続きを行います。もちろん、出品者と直接メッセージなどでのやり取りも必要ありません!名義変更が完了すればあとは当日、ご自身の名前でチェックインするだけ。とってもシンプル。

キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell(キャンセル)」

Cansell(キャンセル)で直前プランを探す方法

Cansell(キャンセル)のトップページにアクセスし、「もうすぐチェックインの出品」に表示されているプランが、チェックイン日程が直前に迫っている宿泊プランです。

キャンセル不可のプランなどの場合、数ヶ月先の宿泊プランが出品されていることも珍しくありません。先の宿泊プランをお探しなら、検索機能や「出品通知」機能を活用してみてください。

ホテル・旅館のキャンセル待ちをする方法

まとめ

直前割を狙っている方も多くいらっしゃると思いますが、そんな方にはぜひ Cansell(キャンセル)もチェックしてお得にホテル予約を実現いただけたら嬉しいです!Cansell(キャンセル)で購入した予約は、誰かのキャンセル料の悩みを解決でき、空室を減らしたいと思っているホテルも助けられます。

もちろんキャンセル料でお困りの方は、Cansell(キャンセル)で売買することもできるのでお気軽にご相談くださいね!

キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell(キャンセル)」

キャンセルしたい宿泊予約をCansellで売ってみよう

詳しくみる